withコロナ時代の大学教育(5月11日活動報告)

5月11日「withコロナ時代の大学教育」と称してディスカッション活動を行いました。


今回は、新歓期間終了後初の活動ということで、活動の質を上げていこうという意識のもと、深いディスカッションをするための仕掛けを複数行いました。


その結果、今まで以上に深いディスカッションを行い、楽しく充実した活動をすることができました。


以下、参加者の感想です。

・後半のディスカッションパートが盛り上がってよかった。

・各々が持っている知識をディスカッションにいかせたことがよかった

・講義とディスカッションのバランスがよかった。

(今までは講義の比重が大きめで、今回もその予定でしたが、参加者の性格を踏まえ、普段の約2倍のディスカッション時間を設けたところ、バランスが良いとの評価をいただきました)

・ファシリテータ(米村のこと)のリアクションがよかった。(ありがとう!)


このように、ディスカッション形式を変えた点が好評だったようです。

ディスカッションの変更点については、「深いディスカッションをするためのナレッジ」として別途特集できそうなので、今記事では、その方法については触れず、後ほど別の記事で取り上げるつもりです。


とはいえ、参加者様が普段以上に自由闊達に話してくださったことも、今回の活動が非常にうまくいった一番の要因であると考えています。今日、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。



下に添付しているファイルが好評だった今回のディスカッションで使用したスライドです。無料で公開します。是非ともご覧ください。

withコロナ時代の大学教育pptx

0回の閲覧

​©ディスカッションサークル「ゼロ」

Discussion
for
ALL STUDENTS